出産後に仕事復帰するためのガイド

産後の就職について

出産後に育児と両立しながら新たな仕事先を見つけるのであれば、今後の人生設計を事前に決めておきましょう。

 

出産の予定日のタイミングによっては、保育園は出産の前に入園申し込みを受け付けてくれます。

 

出産後の生活プランが組み立てられたら、時系列にして表を書いてみてはいかがでしょうか。

 

保育園にまだ入園が決まっていない場合や新しい仕事先がまだ見つかっていなくても、今後の計画を表に書きましょう。

 

自治体からもらえる出産祝い金といった一時的な給付金の金額も書き込むと、賢く金銭管理ができるでしょう。

 

もし公立の保育園に定員を超えてしまうので待ってほしいと言われたら、無認可保育園も考慮してみましょう。

 

例えるならば、とりあえず無認可保育園に通わせながら自分は就職活動を始め、職場が見つけられたら入園させたかった認可の保育園にあらためて申請するという方法もとれます。

 

求人情報を得るのに、インターネットの求人サイトをはじめとして、お母さんの再就職を支援する「マザーズハローワーク」という場所でも探すことができます。

 

マザーズハローワークという施設の特徴として、出産後の再就職を手助けするセミナーも無料で受講できるので、活用してみましょう。

 

出産した後、再就職までの時間が短いと、体と心の両面で大きな負担がかかります。

 

子どもが体調を崩したり風邪などにかかると、会社を休んで看病してあげる必要が出てきます。

 

一緒に働く人から分かってもらえずに嫌な思いになることもあるかもしれません。

 

ですから、子育て中のママさんに理解を示して応援してくれるような会社の募集が見つかるとよいですね。

 

他にも、子どもが大きくなったらフルタイムで仕事したいという人は、正社員登用制度が整っている企業を見つけると良いでしょう。

 

思ったように職場が探せないと、希望の条件を削っていきがちです。

 

けれども再就職に関して妥協してしまうと、子どもを出産した後に働くので後々苦労することを覚悟しておきましょう。

 

ですから、働く上での必要条件は崩すことなく焦らず探しましょう。

 

 

派遣会社選びのポイントとは?

 

人材派遣会社登録の仕方なら

就業規則などに、派遣社員などの育児休暇に関する条項が含まれていれば、育児休暇をとることもできます。
ただ、派遣の契約期間は3ヶ月から6ヶ月で、契約を更新しないという風に処理して、育児休暇を払わないようにする場合があります。
実際問題として、育児休暇が取れるということはまずないといって良いでしょう。
xn--6oqr84e0kg1ycn05bmsd.com/ より引用