出産後に仕事復帰するためのガイド

保育園選びについて

産後に仕事をする場合、家族の中で子どもを見てくれる人がいないと、子どもの預け先を見つけることが最優先です。

 

実は保育園は、入園を望む子どもに対して保育園の数が少ないために待機児童の問題が大きく取り上げられるようになりました。

 

公立の認可保育園の入園申請の時期は、ほとんどは11月過ぎてから受け付け開始としています。

 

入園手続きを行う書類は、市役所などや希望している保育園で受け取れます。

 

どうしても保育園に入れない場合や、夜の遅い時間まで保育をお願いしたい場合などは、無認可の保育園へ子どもを預けることも検討してみてはいかがでしょうか。

 

無認可ではあっても、行政による指導を受けて児童の保育を行なっています。

 

これらの他にも、会社の中に保育所があったり、「保育ママ」と呼ばれる制度も制定されているようです。

 

子どもを預かってもらえる時間や曜日、保育料・入園の条件などは、一定の基準があるわけではありません。

 

出産後はまとまった時間が少なくなるので、子どもを産む前に情報を集めておきましょう。

 

その他にも、生まれる前でも入園手続きを行なえる保育園も多いため、できるだけ早く行動することが大切です。

 

保育園を選ぶ際に、会社と反対方向にある保育園よりも近所にある認証保育園のほうが安心して預けられるでしょう。

 

別の点として、いつも帰りが遅くなったり日曜勤務などがある仕事なら、無認可の私立保育園のほうが安心かもしれません。

 

また、産後すぐにまだ小さい赤ちゃんを預けるのは赤ちゃんが可哀想と言われますが、そうともいえないようです。

 

赤ちゃんは、成長するにつれてお母さんと離れる状況が理解できるようになり、保育園で急に泣き出してしまったりするという話がよく聞かれます。

 

 

保育園から小学校に上がる子供さんをお持ちのお母さんにオススメのサイト

 

まだまだ赤ちゃんと思っていたらあっという間にもう来年は小学生!と、子供の成長の早さには本当に驚かされるものです。喜ばしいものの、なぜだかちょっぴり切なくなったりしますね。

 

ピカピカの一年生を控えたころは、保育園では「ランドセルどこの買った?」「何色にする?」などという話題が多くなっているのではないでしょうか?

 

ランドセルは子供は色と模様しか見ていないものですが、機能や使いやすさなどは親がしっかりチェックしてあげなければなりません。A4ファイルが入るかどうか、容量はどうか?万一壊れてしまった時の保障はついているものか、背負いやすいか・・・

 

実際に私がランドセル選びをするときにとても参考になったサイトがあるのでこちらで紹介しておきます。二人目のときはラクに選べましたが、一人目のときはそもそも選び方がわからなくてとても苦労しました。同じように悩んでいるお母さんにおすすめですよ。

 

フィットちゃんランドセル評判は?我が家の口コミ!【写真あり】
フィットちゃんランドセルとうとう購入しました!取扱店から実際に届いた写真と口コミに加え、ランドセルの選び方もこちらで詳しくご紹介。サイズ・A4対応はどう?評判のグッドボーイ感想も!
www.fit-ransel.com/