出産後に仕事復帰するためのガイド

仕事復帰で気をつけること

産休や育休といった休暇が間もなく終わるという時期には、仕事感覚ができるだけ早く戻るように生活リズムも少しずつ変えていくと良いでしょう。

 

最初に、出産後の体力を回復するために、起床時間と就寝時間を少しずつ妊娠以前の時間に近づけていきましょう。

 

そして、朝食の仕度からメイクや着替えまでの時間を会社に出かける時と同じリズムで行なってみて、保育園にも一度通ってみることをお勧めします。

 

子どもの保育園用具やお弁当を持って出かけるのは、結構大変だと気づくでしょう。

 

電車などを利用して行く必要があるならば、さらに苦労するでしょう。

 

大きくても軽さを重視したカバンを選び、保育園までのルートを工夫したりするなど、なるべくエネルギーを消耗しないようにしましょう。

 

休暇を取らせてもらった感謝の意味からも、菓子折りを持って職場へ行くと上司や同僚の気分も違ってくると思います。

 

職場の仲間とまた一緒に仕事が出来る喜びや子どもの様子などを話しながら配るなら、復帰後の関係も円滑にいくでしょう。

 

とはいえ、出産後の生活状況や子どものことに関しては、聞かれたら話すくらいのほうが印象としては良いイメージだといえるでしょう。

 

仕事の進み具合に関して、復帰してすぐから前と同じように仕事をこなせなくても良いという気持ちで向き合いましょう。

 

子どもが保育園に通いながら周りに溶け込んでいくように、自分のライフスタイルも徐々に戻して仕事と育児を両立させていきましょう。

 

また、家では何の問題もなかった赤ちゃんでも、保育園に通い始めてから体調不良になる場合も少なくありません。

 

保育園に通い始めてすぐの頃は、急に風邪っぽい症状が出たりすることが少なくないようです。

 

保育園の先生から迎えの電話がかかってくることもあり、仕事で迷惑をかけることもあるでしょう。

 

職場内での焦りも感じるかもしれませんが、母になった強さというのは何事も乗り切れるものなのです。