出産後に仕事復帰するためのガイド

支援制度について

子どもを持つ女性が仕事を続けやすよう支援する制度は、少子化になっているため充実しています。

 

仕事を出産後も続けることは苦労することも多々ありますから、支援制度も上手に活用するとよいでしょう。

 

こうした制度の中には利用申請が必要なものもあるので、詳しい話を自治体に聞いてみましょう。

 

産後すぐから利用できる支援の制度何種類かピックアップします。

 

一つは、乳児家庭全戸訪問事業という制度ですが、これは育児経験者や保険師の方が家庭訪問を行って、育児や家事など家庭全般の援助をしてくれる制度です。

 

そして「保育ママ」というものは、保育ママとして自治体によって認定を受けた人の家で赤ちゃんを世話してくれる制度です。

 

生後数週間の乳児から3歳に満たない児童が対象となり、保育料は一部を自治体が負担してくれることになっているので安心です。

 

近年発足した「ファミリー・サポート・センター事業」という制度は、保護者に急用ができたり保育時間以外に見てもらいたい時子どもを預かって面倒を見てもらえるサービスが利用できるようになっています。

 

看護休暇に関しては、学校に上がる前の子どもが病気などで看護を要する時に、年に5日までの休暇が取れる制度です。

 

子ども手当とはどういったものかといいますと、子どもが15歳に達して初めの年度末である3月31日までの間に、扶養者へ給付されます。

 

加えて、シングルマザーやシングルファザーを支援する目的で始まった制度もあります。

 

各自治体が実施する「住宅支援制度」も設けられていますから、担当窓口に問い合わせてみましょう。

 

支援制度という分類ではありませんが、NPO法人などが行なっている育児サポートも活発です。

 

さらに、子育てに関する相談や悩みの解決には、子育てについて多く取り上げたサイトも参考になるでしょう。

 

出産後に抱えた問題や、育児と仕事を両立するためのポイントなど、先輩お母さんたちの経験に基づいたアドバイスがたくさん載せられています。

 

 


支援制度について記事一覧

産後の就職について

出産後に育児と両立しながら新たな仕事先を見つけるのであれば、今後の人生設計を事前に決めておきましょう。出産の予定日のタイミングによっては、保育園は出産の前に入園申し込みを受け付けてくれます。出産後の生活プランが組み立てられたら、時系列にして表を書いてみてはいかがでしょうか。保育園にまだ入園が決まって...

≫続きを読む

 

保育園選びについて

産後に仕事をする場合、家族の中で子どもを見てくれる人がいないと、子どもの預け先を見つけることが最優先です。実は保育園は、入園を望む子どもに対して保育園の数が少ないために待機児童の問題が大きく取り上げられるようになりました。公立の認可保育園の入園申請の時期は、ほとんどは11月過ぎてから受け付け開始とし...

≫続きを読む

 

仕事復帰で気をつけること

産休や育休といった休暇が間もなく終わるという時期には、仕事感覚ができるだけ早く戻るように生活リズムも少しずつ変えていくと良いでしょう。最初に、出産後の体力を回復するために、起床時間と就寝時間を少しずつ妊娠以前の時間に近づけていきましょう。そして、朝食の仕度からメイクや着替えまでの時間を会社に出かける...

≫続きを読む

 

産後の職場の方への接し方について

働く女性が増えて、いろいろな面で前よりも職場内が改善されてきています。また、先輩ママたちの実績のおかげで、出産後も仕事しやすくなったところも多々あります。しかし、産休や育休といった法律で定められている長期休暇も取得しにくい職場も存在します。出産前の同じ仕事を再開したり、会社は変わらなくても部署の異動...

≫続きを読む