出産後に仕事復帰するためのガイド

産後の健康管理

妊娠・出産はかなりの体力を消耗するので、普段は健康な人であっても、健康管理を出産後も行なうことが必要不可欠です。

 

出産後も子育てと仕事の両立を考えているならば、今まで以上に心身を健康な状態を維持していくことが大切です。

 

出産後は、ホルモンバランスの変化などによって、「産後うつ」といった状態になる場合があるようです。

 

4ヶ月までは、赤ちゃんにミルクを頻繁にあげなければならないので、睡眠の時間も少なくなります。

 

これらに加えて仕事もこなさなければならないとなると、今まで以上に身体に負担がかかって疲労感が増します。

 

身体も心も健康な状態を維持するためには、できないことを無理にしようとしないことが最も重要なことです。

 

出産した後ある程度の期間は、急に泣きたくなったり、不安を感じることが多くなったりする場合もあります。

 

出産後、うつの症状を感じた場合でも、よくある症状だなと思って気を楽にしましょう。

 

心身ともに限界になる前に、辛い時には少しの間母親に子どもを預けるなどして、寝不足を解消するようにしましょう。

 

身体が重いときなどは、それでも無理して赤ちゃんを抱っこするということは避けましょう。

 

家事全般から育児に至るまで、さらに仕事などもどれもこれも完璧にできるはずがありません。

 

よそのママと比べて自分は何もできていないと決めつけるのはいけません。

 

体力・気力がそろそろ持たないと感じたら、一日必要以上のことをせず、子どもとまったりしてみましょう。

 

ときには、頭痛がどんどん酷くなったり体の不調が長引いているなら、過信せずお医者さんに診てもらいましょう。

 

赤ちゃんの定期健診の際には、家族の中で都合の付く人に付き添いを頼んで、自分も検診してもらうと良いでしょう。

 

自治体ごとの特徴として、育児の面で力になってくれる保健師さんが在籍していますから、悩むことがあれば相談してみると良いでしょう。

 

 


産後の健康管理記事一覧

育児と仕事の両立について

出産後に働く女性にとっては、バランス良く仕事と育児を行なうことがいつも考えるテーマとなっているでしょう。けれど、両方のバランスを取ろうと意気込んでしまい、いつの間にストレスになっていたという人もたくさんいます。両立というと、同時に二つの事柄がこなせている、両方に差し支えることがないという印象があるで...

≫続きを読む

 

育児ストレスを溜めないために

近頃では育メンという言葉が話題になり、パパも子育てに協力する家庭が増加しています。さらには、父親が育児休暇を取るということも増えてきているようです。しかしながら、女性が産後に職場復帰する場合には、育児と家事全ての仕事量は相当な量になります。子どもの発熱や自分も体調を崩したときには、自分の母親や義理の...

≫続きを読む