出産後に仕事復帰するためのガイド

産後の生活設計を立てよう

世間一般の女性の多くが、結婚して落ち着いてからも家庭を出て仕事をする人が増えてきました。

 

そういったことから、もしも子どもを産むことになったら家庭を出て仕事をするかどうか悩まされる人が多いようです。

 

仕事を続けるか、また仕事は辞めるべきか悩まされる人も少なくありません。

 

とはいえ、経済的な事情で、仕事を継続しなければならない人も多いでしょう。

 

そして、子どもが出来てからの仕事についてはそれぞれの家庭によって違ってきます。

 

女性の中には、職場を変わることなく仕事を出産後も取り組んでいきたいという人も少なくありません。

 

子育てを優先しやすい仕事に転職を考慮する人もいます。

 

さらに、転職せずに今の会社で正社員として働けるなら、部署異動の要請は受け入れるという方も多いでしょう。

 

なかでも、今までの自分の実績を出産によって崩したくないという人もいます。

 

どのような考え方をするにしても、出産してから仕事に戻るのは厳しいでしょう。

 

近頃では、国や自治体で決められた制度はもちろん、会社でも細かな規程などが改訂されてきました。

 

子育てサポートを行なっている自治体もありますから、自分で可能な限り詳しく調べて、活用しましょう。

 

出産後の家庭環境や仕事を始めるかどうかは、ご主人とよく相談して生活設計を行なってみましょう。

 

子どもが大きくなっていく過程を考えつつ、保育園への申し込みや職場に戻りたい日などを記入してみましょう。

 

出産後の1年ほどの計画で、想像できることは何でも書いていきます。

 

祝金や手当と子どもの養育にかかった支出などを記入していくと家計のプランに役立ちます。

 

希望した時期に保育園に入れなかったり、仕事の再開がままならなかったり、思いどおりにならないこともあります。

 

出産した後のライフプランに関しては、一つだけでなく複数の計画を立てておきましょう。

 

 


産前産後休暇と育児休暇

ほとんどの女性にとって、出産は人生の中でも最大の仕事と言っても過言ではありません。

 

体調管理などの面で多くのエネルギーが必要になります。

 

そのため、働く女性でも出産にエネルギーをつぎ込めるように、法によって、産前産後休暇というものを申請できるようになっています。

 

法律で産休として定められている基準は、予定日から逆算した6週間と出産後8週間が適用期間です。

 

状況により複数の胎児を出産することになったら、出産前に14週間の休暇が可能になります。

 

出産前休暇とは、出産予定日が起点となって決められます。

 

予定日に産まれてくるとは限らないので、出産が過ぎてしまってずれたとしても心配はいりません。

 

例を挙げると、出産予定の日より1週間過ぎてしまっても、休んだ7週分が産前休暇の期間として含められます。

 

産後休暇期間は、出産日を基準にした日にちが適用されます。

 

仕事内容や会社の都合によって雇用者は産休中に働いてほしいと言うことはできませんが、本人が納得の上ならば6週間に変更することができます。

 

産休は、社員に限らず、正社員以外のパートや派遣、アルバイトでも得ることができます。

 

育児休暇を希望する際は、産後休暇の翌日から子どもが1歳になるまでの間に適用されます。

 

この育児休暇に関しては、両親のどちらでも許可がもらえるのです。

 

保育園に入所させることができないなどの、自分ではどうすることもできない事情の場合は、1歳6か月まで延長できます。

 

育休中に受けられる生活保障の一つとして、「育児休業給付金」という制度を活用することができます。

 

育児休暇に関しては、産休の場合と異なり、雇用形態が正社員の人だけと定めている企業が多いようです。

 

育児休業給付金は、受給の条件があるので、それを満たしていれば受けられるようです。

 

支払われる給付金額や保険などの決まりごとは各々の企業が決定しているので、自分の会社に確かめてください。

 


関連サイト

 

転職サイト比較ランキング
転職サイトの数って結構多くて、正直どこを選んでいいか分かりませんよね。そこでおすすめするのがこちらのサイト!管理人が口コミで評判の転職サイトを実際に体験してリアルにランキングで紹介していますので、転職サイト選びに迷ったときの参考になりますよ♪
tenshokusite.sakura.ne.jp/